胃炎の原因


しくしくと胃が痛んだり、胸焼けがする慢性胃炎、急激に胃が痛くなったり、吐き気をもよおしたりする急性胃炎。胃炎は何が原因でそのような症状が起こるのでしょうか?


慢性胃炎の原因の一つは食べ過ぎや飲み過ぎなどで胃に負担をかけてしまうことです。辛いものや刺激の強い食べ物は胃の粘膜を傷つけてしまうのです。脂っこい食べ物なども胃の排出力を衰えさせると言われています。また、ストレスや不規則な生活も胃炎の原因になります。


血流を悪くさせると粘膜に悪い影響を及ぼし、慢性胃炎を引き起こすのです。タバコやアルコールの摂り過ぎも胃炎の原因になるので注意しましょうね。


さらに慢性胃炎の原因として言われているのがヘリコバクター・ピロリ菌です。ピロリ菌とは胃粘膜の中に生息する細菌で、慢性胃炎だけでなく、胃がんや胃潰瘍の原因にもなる菌と言われています。


胃の不快感や胃潰瘍などを引き起こしやすい場合は、ピロリ菌に感染しているかもしれませんよ。気になる人は検査を受けましょう。


急性胃炎の原因もさまざまです。とうがらしや激辛の食べ物などの食事や食べ過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、鎮痛剤や抗がん剤などの薬物、放射線治療も急性胃炎の原因になります。


また、やけどや中枢性疾患などの身体的ストレス、仕事や勉強、人間関係などの精神的ストレスも胃炎の原因となります。


さらに、サルモネラ菌やボツリヌス菌、病原性大腸菌による細菌性食中毒、イカやサバなどに寄生するアニサキス幼虫などによって急性胃炎は引き起こされます。



食事療法を加えた自然な胃炎対処法とは? ⇒





スポンサードリンク


フィード